『第12回櫓山荘子ども俳句大会』表彰式

平成28年10月22日(土)、第12回櫓山荘子ども俳句大会の表彰式が小倉北区城内の北九州市立文学館で開催されました。

 表彰式に先立ち、市民音楽グループ「SAMAY(サマイ)」の皆さんによるアトラクションが行われ、珍しいアンデスの民族音楽が披露され、受賞者の皆さんは南米の音楽を楽しみました。

 アトラクションに引き続き、表彰式式典では、主催者である実行委員会会長の石川一歩会長(北九州俳句協会会長)のあいさつに引き続き、ご来賓を代表して北橋健治北九州市長様から、お祝いの言葉をいただきました。

 続いて、大賞をはじめとする特別賞受賞者、選者である石川一歩、岸原清行(福岡県俳句協会会長)、坂井愛子(北九州市俳句協会事務局長)先生選の秀作受賞者に、表彰状が授与されました。

 そのあと、特別賞に輝いた10作品について岸原清行先生から講評をいただきました。俳句が世界中に広がっていること、科学が進歩している現代にあっても、自然の一部として生きている私たちは、なお一層、自然と触れ合うことのできる俳句のすばらしさを体験してほしい旨のお話をいただきました。

 最後に、受賞者全員と、実行委員会委員やご来賓で、記念撮影をしました。

 受賞作品(特別賞10作品、秀作36作品)はこちらをご覧ください。 (PDF形式)

 北九州市立文学館では、第12回櫓山荘子ども俳句大会の入賞作品(特別賞、秀作、佳作)を展示しています(12月28日(火))まで)

 入賞者とそのご家族は、文学館受付でその旨お申し出いただければ無料でご覧になることができます。

『第11回櫓山荘子ども俳句大会』表彰式

平成27年10月24日(土)、秋晴れのもと、第11回櫓山荘子ども俳句大会の表彰式が小倉北区中井浜の櫓山荘公園で開催されました。

表彰式に先立ち、北九州市消防音楽隊・カラーガード隊の皆さんによるアトラクションが行われ、ディズニー映画音楽や童謡メドレーなどの楽しい演奏と演技が披露されました。

アトラクションに引き続き、表彰式式典で、主催者である実行委員会会長で北九州俳句協会の石川一歩会長のあいさつに引き続き、ご来賓を代表して北橋健治北九州市長様から、お祝いの言葉が述べられました。

続いて、大賞をはじめとする特別賞受賞者、選者である石川一歩、岸原清行(福岡県俳句協会会長)、深川淑枝(北九州市俳句協会事務局長)先生選の秀作受賞者に、表彰状と記念の楯を贈呈する表彰式が行われました。

  
表彰する石川実行委員会会長

 

来賓祝辞を述べる北橋北九州市長様

 

そのあと、特別賞に輝いた10の作品について岸原清行先生から講評をいただきました。また、俳句が世界中に広がっていること、科学が進歩している現代にあっても、自然の一部として生きている私たちは、なお一層、自然と触れ合うことのできる俳句のすばらしさを体験してほしい旨のお話をいただきました。

最後に、受賞者全員と、実行委員会委員やご来賓が、「櫓山荘跡」の碑の前に並んで、記念撮影を行いました。 

おかげさまで、表彰式は晴天に恵まれ、大会を終えることができました。関係の皆様に、心からお礼申し上げます。

 

受賞作品(特別賞10作品、秀作36作品)はこちらをご覧ください。 (PDF形式) 

 

北九州市立文学館では、第11回櫓山荘子ども俳句大会の入賞作品(特別賞、秀作、佳作)を展示しています(12月27日(日))まで)

入賞者とそのご家族は、文学館受付でその旨お申し出いただければ無料でご覧になることができます。

『第10回 櫓山荘子ども俳句大会』表彰式

 平成26年10月25日(土)、秋晴れのもと、第10回櫓山荘子ども俳句大会の表彰式が小倉北区中井浜の櫓山荘公園で開催されました。
 表彰式に先立ち、北九州市消防音楽隊・カラーガード隊の皆さんによるアトラクションが行われ、子どもの四季メドレーやソーラン節、今年流行したレット・イット・ゴーなどの楽しい演奏と演技が披露されました。


 

 アトラクションに引き続き、表彰式式典では、主催者である実行委員会会長で北九州俳句協会の石川一歩会長のあいさつに引き続き、ご来賓を代表して横矢順二小倉北区長様から、多数の応募の中から入賞した児童生徒の皆さんにお祝いの言葉が述べられました。
 続いて、大賞や子ども俳句大会10周年記念賞をはじめとする特別賞受賞者、選者である石川一歩、岸原清行(福岡県俳句協会会長)、深川淑枝(北九州市俳句協会事務局長)各先生選の秀作受賞者に、表彰状と記念の楯を贈呈する表彰式が行われました。


  表彰状を読み上げる石川実行委員会会長

 そのあと、特別賞に輝いた11の作品のすばらしさについて岸原清行先生からそれぞれ講評が語られました。また、俳句が世界の50以上の国で詠まれるなど世界中に広がっていること、科学が進歩している現代にあっては、自然の一部として生きている私たちは、なおさら、自然と触れ合うことのできる俳句のすばらしさを体験してほしい旨のお話をいただきました。
 最後に、受賞者全員と、実行委員会委員やご来賓が、「櫓山荘跡」の碑の前に並んで、記念撮影を行いました。

 

 おかげさまで、子ども俳句大会10周年の記念の年にふさわしい晴天に恵まれ、大会を終えることができました。関係の皆様に、心からお礼申し上げます。

 受賞作品(特別賞11作品、秀作36作品)はこちらをご覧ください。 (PDF形式) 

 北九州市立文学館では、第10回櫓山荘子ども俳句大会の入賞作品(特別賞、秀作、佳作)を展示しています(12月28日(日))まで)
 入賞者とそのご家族は、文学館受付でその旨お申し出いただければ無料でご覧になることができます。

第9回櫓山荘子ども俳句大会の受賞者決定

平成25年10月26日(土)に行われる予定の第9回櫓山荘子ども俳句大会表彰式は、台風27号の接近に伴い、安全を期して、やむを得ず中止とさせていただきました。

関係者の皆様に深くお詫び申し上げます。

なお、表彰は、各学校に賞状と記念品を送付し、各学校で執り行っていただきます。

 

  • 受賞作品(特別賞11作品、秀作36作品)はこちらをご覧ください。 (PDF形式)

第8回櫓山荘子ども俳句大会表彰式

日本の近代女性俳句の先駆者である杉田久女と橋本多佳子ゆかりの「櫓山荘(ろざんそう)」は、大正から昭和初期にかけて“小倉の文化サロン”として、多くの文化人・著名人に親しまれてきた場所です。

この「櫓山荘」跡(櫓山荘公園)で、夏休みに北九州市内外の小・中・特別支援学校の児童・生徒から募集した俳句の優秀作品を表彰します。

  • 日  時:平成24年10月27日(土)10:00~11:30
  • 場  所:櫓山荘公園(小倉北区中井浜)※雨天時は北九州市立文学館に変更
  • 目  的:俳人杉田久女、橋本多佳子の業績と地域の歴史文化を子どもたちに伝えるとともに、子どもたちに俳句に親しんでもらい、地域文化の再発見に貢献するもの。
  • 次  第:10:00 主催者挨拶 櫓山荘子ども俳句大会実行委員会会長 石川一歩10:05 来賓挨拶  10:10 表彰式   優秀作品(特別賞10句・秀作36句)10:30 記念写真撮影10:45 作品講評  福岡県俳句協会会長 岸原清行11:00 北九州市消防音楽隊・カラーガード隊による演奏・演技
  • 主  催:櫓山荘子ども俳句大会実行委員会      久女・多佳子の会、北九州俳句協会、北小倉校区自治連合会、北九州市立文学館、北九州市教育委員会、小倉北区役所総務企画課
  • 協  力:岡垣町教育委員会、公益財団法人芳賀教育文化振興会、北九州市消防音楽隊・カラーガード隊